少女漫画の方舟 1980年代

タイトルページに戻る

有閑倶楽部 こんぺい荘のフランソワ 紅い牙ブルー・ソネット やじきた学園道中記 ときめきトゥナイト アイドルを探せ ボーイフレンド 花のあすか組! 少年は荒野をめざす ホットロード ♂と♀の方程式 Kiss+πr2 くにたち物語 So What? アーシアン 白鳥玲子でございます! 笑う大天使 海の闇、月の影 動物のお医者さん 悪(わる)女 きんぎょ注意報!


作品名 作者 出版社 巻数 初版 初出年月 初出掲載誌
有閑倶楽部 一条ゆかり 集英社 18巻続 1982.12.18 '81.3 りぼんオリジナル
こんぺい荘のフランソワ 陸奥A子 集英社 短編集1巻 1982.11.20 '81.3 りぼん
紅い牙ブルー・ソネット 柴田昌弘 白泉社 全19巻 1981.11.25 '81.5 花とゆめ
やじきた学園道中記 市川亮子 秋田書店 22巻続 1983.3.1 '82 ボニータ
ときめきトゥナイト 池野恋 集英社 全30巻+完結編1巻 1982.11.20 '82.7 りぼん
アイドルを探せ 吉田まゆみ 講談社 全10巻+番外1巻 1984.8.14 '84.? ミミ(Fortnighty mimi)
ボーイフレンド 惣領冬実 小学館 全10巻 1985.12.20 '85 週刊少女コミック
花のあすか組! 高口里純 角川書店 全27巻+外伝6+番外1 1987.2.17 '85.8 ASUKA
少年は荒野をめざす 吉野朔実 集英社 全6巻 1986.4.20 '85.9 ぶ〜け
ホットロード 紡木たく 集英社 全4巻 1986.12.21 '86.1 別冊マーガレット
♂と♀の方程式 すぎ恵美子 小学館 全10巻 1987.3.20 '86.5 週刊少女コミック
Kiss+πr くらもちふさこ 集英社 全2巻 1987.5.20 '86.7 別冊マーガレット
くにたち物語 おおの藻梨似 講談社 12巻続 1987.8.13 '87.? ミミ(Fortnighty mimi)
So What? わかつきめぐみ 白泉社 全6巻 1987.3.25 '86.8 ララ
アーシアン 高河ゆん 新書館 5巻続 1988.4.5 '87.12 WINGS
白鳥玲子でございます! 鈴木由美子 講談社 全7巻+新5巻 1988.6.13 '87 ミミ
笑う大天使 川原泉 白泉社 全3巻 1987.11.25 '87.3 花とゆめ
海の闇、月の影 篠原千絵 小学館 全18巻 1987.6.20 '87.11 週刊少女コミック
動物のお医者さん 佐々木倫子 白泉社 全12巻 1989.4.25 '88.1 花とゆめ
悪(わる)女 深見じゅん 講談社 全37巻 1987.7.13 '89 BE・LOVE
きんびょ注意報! 猫部ねこ 講談社 全4巻 1989.10.6 '89.2 なかよし





有閑倶楽部/一条ゆかり 集英社 18巻続 ★★★★☆
聖プレジデント学園に通う黄桜可憐、白鹿野梨子、剣菱悠理、菊正宗清四郎、松竹梅魅録、美童グランマニエの6人はたいくつな学園生活を有意義に過ごす為に、作った有閑倶楽部のメンバー。何かと退屈なこの6人に、いつのまにか面白いスリリングな状況が舞い込み、その度に皆で協力してこの出来事を楽しんで解決していく。そして今日もこの6人の前にまた新たな事件が舞いこんでくる。

一条ゆかりのセンスが光る近年のライフワーク的作品。ハチャメチャな6人の主人公を中心に展開される、学園サスペンスコメディーの決定版。それにしても登場人物すべてにお酒の名前が付けられている。ズブロッカ、多摩自慢、富久娘、西の関、黒松、高清水、etc。とにかくお酒の名前が出てくるのを見てるだけでも楽しくなってくる上に6人の個性豊かな主人公とその脇役たち。何から何まで楽しませてくれる作品です。



こんぺい荘のフランソワ/陸奥A子 集英社 短編集1巻 ★★★★★
東京の裏通りのとある小さな横丁を歩いていくと「こんぺい荘」という古いアパートがありました。そこの一番はじに羽衣楽子さんは住んでいました。彼女は小さな雑誌社で小説を書かせてもらっていました。その雑誌社は編集長と編集さんだけのとても小さな雑誌社でしたが、だけどある日、その雑誌社がつぶれ職無しになってしまいました。雉田さんという編集さんもとてもいい人で自分の再就職の事よりも楽子さんの仕事の事を心配してくれました。楽子さんの夢は、自分の絵本で世界中の子どもたちに楽しんでもらう事でした。

あなたはこんなメルヘンの世界を体験した事があるでしょうか。メルヘンチック少女コミックの最高傑作といっても過言ではない。だけど、そんな夢のような陸奥A子の作品も、近作を除けば文庫版でほんの数冊が読める限りです。なんとも惜しい、実に惜しい。右の挿し絵も再発売されたSGC版で、単行本は入手出来ていません。



紅い牙ブルー・ソネット/柴田昌弘 白泉社 全19巻 ★★★★☆
死の商人タロンの手先として人工サイボーグとして生まれ変わった超能力少女ソネット。彼女はタランの陰謀を打ち砕こうとするESP少女ランの超能力遺伝子を必要とするメレケス博士とともに日本へやってきた。一方、ランとその良き協力者の桐生仁はタロンの陰謀を察知し、ランの中に宿るESP能力を自らコントロールできるように超能力研究所の小半教授を訪ねる。そんな中、ソネットたちは、ランの所在をつきとめ小半教授の研究所へやってくる。ソネットの超能力により力を封じ込められたランは気を失い、桐生とともにタロンの一味に捕らわれてしまった。

紅い牙の初出は、ブルーソネット・シリーズよりも前に集英社から創刊されたらしく、この作品はその続編にあたる。少女漫画にしては珍しい本格SFコミックであり、むしろ少年漫画に連載してもおかしくないほどの読みやすさがある。それほど古い作品ではないにも関わらず古書店での扱いは少ないようだが、最近、文庫版にてシリーズが完全再録されている。



やじきた学園道中記/市東亮子 秋田書店 22巻続 ★★★★☆
矢島順子(やじさん)と篠北礼子(キタさん)は、三葉学園の理事長のたっての頼みで三葉学園に転入する事となった。その頼みというのが、学園の秩序を改め平和をもたらす為に一肌脱いで欲しいというものだった。二人はケンカ早い気質の所為で、これまで何度も学校を転校していた。無試験、入学金授業料免除とあっては願っても無い頼みだった。番長連合の総長は、一見華奢なタイプの美少年。しかし、彼を取り巻く二人の副長と四天王達の悪行は目に余るばかり。そんな中、番長連合の裏には影の総番長がいる事がわかり、物語は意外な方向へ進展する。

ケンカにかけては右に出る者がいない程のつわもの名コンビのやじさんとキタさん。二人はどうした事か学校を転校する度に同じ学校で出くわす。そんな二人が行く先々の学校で巻き起こす痛快学園コメディ。転校の理由が、あまりの強さに生徒が一目惚れし、人気の的になってしまうというのだから大いに笑わせてくれる。



ときめきトゥナイト/池野恋 集英社 全30巻+完結編1巻 ★★★★☆
吸血鬼の父と狼女の母のあいだに生まれた蘭世(らんぜ)は、不思議な力を持った女の子。彼女が噛みつくと、その相手(人でも物にでも)に変身してしまい、くしゃみをすると元に戻れるという変わった力。そんな魔力を身につけた彼女が、人間の男の子・真壁俊に恋をしまった。これ以上人間社会に深く入りこまないように、そして人間の男の子に恋をしないように、両親達は蘭世の恋の邪魔をするが、それにもめげず蘭世と真壁の距離は近づくばかり。そんなドタバタの中、実は真壁俊に意外な事実がある事がわかる。

連載初登場から大好評を博した池野恋が贈る爆笑コメディーの決定版。荒唐無稽なドタバタ劇ながら恋愛をテーマにしている分読んでいて爽快感があり、しかも物語が意外な方向へ進展する事で当時から根強いファンが多い作品でもある。



アイドルを探せ/吉田まゆみ 講談社 全10巻+番外1巻 ★★★★☆
藤谷知香子(18歳)は、花の女子大生。東京生まれの彼女は、父の転勤のお陰で念願の一人暮しを始める事になった。アパートでは、グァムで知り合ったOLの千明と偶然出会う。そして同じ短大に通う隣室の甘露寺と気の合う3人の仲間ができて、ルンルンの女子大生生活を送る事に。そんな知香子にいっぺんに3人のBFが出来てしまう。おのぼりツアーで知り合った岩田、高校の同級生の永江、そしてアパートの大家の息子マコト。ある日、風邪で寝こんだ知香子のアパートへ、この3人がやってきたからもう大変。

吉田まゆみがおくる痛快ラブコメディー。3人が同居する清和荘を舞台に恋のドラマが始まるといった感じのほとんどトレンディドラマ仕立ての作品。なるほど、そう思えば映画化もされたし、TVドラマでも放送された訳だ。恋する乙女が次第に綺麗になていくスタイルは男心を充分にくすぐるはずだ。



ボーイフレンド/惣領冬実 小学館 全10巻 ★★★★★
高刀柾は中学のバスケット部で全国優勝したほどのスポーツマン。だが、前の高校を不良との暴力事件が原因で退学となり、若葉台東高校に転校してきた。新しい学校でクラスメートの結城可奈子と出会い、お互いにひかれあっていくが、やがて二人の前に体育の新任教師、中津川荘が現れる。彼は柾の荒削りなプレーに興味を持ち、バスケット部のキャプテンに任命する。一方、荘の幼なじみの可奈子は、交通事故で死んだ姉、之里子の恋人だった荘に初恋の感情を抱く。

柾と可奈子の愛の青春グラフィティ。微妙な関係を保ちながら、次第にお互いが真の恋人としての認識を持ちひかれあっていく様は、じ〜んと心に伝わるものがある。ストレートな恋愛感情を封じこめ、心理的描写で綴られたラブストーリーは、如何にも少女漫画の真髄とも言うべきか。感動のフィナーレは必読です。



花のあすか組!/高口里純 角川書店 全27巻+外伝6+番外1 ★★★★★
九楽あすか(中学2年14歳)は元全中裏(全国中学裏番組織)の側近ナンバー2の座にいたが、今では組織を抜け、全中裏を支配する謎の美女「ひばり」の命により差し向けられる刺客と闘う。ある日、アイドル志望の少女がやくざに騙され性行為の写真を撮られてしまう。あすかはダチの「みこ」や西区表番メンバー(姫たち)の協力を得てネガを取り戻す。しかし、表番のメンバーを無断で動かした事で「ひばり」の怒りを買い、更なる強力な刺客があすかを襲う。

世界一の歓楽街、歌舞伎町を舞台にあすかの生き様を描く痛快バイオレンスコミック。少女漫画にしては珍しいバイオレンスものだが、これが結構はちゃめちゃに面白い。角川書店が新創刊した「ASUKA」の看板連載としてかなりの人気をとった作品でもある。因みに、僕のお気に入りはミディアムボブヘアでポーカーフェースの姫こと巳姫正子(みきしょうこ)嬢がたまらなくいいっす。



少年は荒野をめざす/吉野朔美 集英社 全6巻 ★★★★☆
狩野都は、菅埜、小林とともに3年4組の名物トリオ。都は小さな頃の思い出を胸にある小説を書いた。だけど実はこの小説は亡くなった兄・翠(みどり)に対する思い出を綴ったものだった。ある日、3人は高校受験を控えて志望高校の下見に出かけた。そこで都が見たものは、まるで自分の化身のような存在の気味島陸という高校生だった。いつしか都はこの気味島に恋心とは異なる特別な感情を抱くようになる。そんな折、編集の仕事をする菅埜の兄が都に無断で投稿した小説が新人賞を受賞する。

多感な思春期の少年少女の恋愛に対する感情や心理を見事に描きあげた吉野朔美の話題の珠玉作。亡くなった兄・翠に対する特別な感情から自分を男としてとらえていた都が菅埜に恋心を打ち明けられた時の心理描写はまさしく少女漫画ならではのもの。



ホットロード/紡木たく 集英社 全4巻 ★★★☆☆
宮市和希14歳は、父を亡くし35歳の母と二人暮らし。その母は離婚調停中の恋人に夢中で、ちっとも和希をかまってくれない。学校で知り合った横浜からの転校生、絵里の誘いで湘南の暴走族の集会に出かける。そこで知り合った春山は、口は悪いが女には滅法優しいと族の仲間は言う。だけど、和希には何故か口が悪い。「オレの彼女になれ」と唐突に言われムッとする和希。だけど春山はまだ前の彼女の事が忘れられないでいる。

湘南海岸のきれいな街並みを舞台にスローな流れで進む展開。そして、和希の独り言がセリフの枠から外れ、それが全篇に渡って作品のモチーフになって繋がっていく。ある意味一種のアウトサイダー的少女ラブストーリーという雰囲気が伺える。そういう意味では、男が読むタイプの漫画から比べるとこの手の漫画は、かなりの想像力を要求される。



♂と♀の方程式/すぎ恵美子 小学館 全10巻 ★★★☆☆
香林優絵は高校1年の女の子。ちょっぴりエッチな芸能雑誌の「せくしい・すと〜りぃ・コンクール」に応募する為に、隠れてポルノ小説を書いている。だけど恋愛未経験な優絵にとってポルノ小説はいくら才能があってもいまいちリアリティーに欠ける。そこでひょんな事から知り合った校内一のプレイボーイ、一樹に小説書きの協力をしてもえらう事になった。初めはただのプレイボーイだと思っていた優絵は、彼の素顔の一面を知り、いつしか一樹への恋心が芽生えてくる。

ポルノ小説という少女漫画としては大胆な題材をもとに(実はそれほど重たい内容ではないのだけれど)、すぎ恵美子が贈るちょっぴりエッチなラブ・コメディー。子供以上、大人未満の思春期の少女の恋の物語をコミカルに綴った話題作。



Kiss+πr/くらもちふさこ 集英社 全2巻 ★★★★☆
一人暮らしをしていた高校生の雑賀(さいが)は父親を亡くし、母親にも蒸発され自分の人生をまったくツイていないと悲観していた。そんなある日、雑賀の前に現れた一人の女性葵。雑賀にとって彼女は一つ年上なのにクラスメートの冬子とはまったく別人のようなあたたかい存在。そんな葵がくれた一枚の宝くじが雑賀の運命を変えて…

くらもちふさこの代表作は『いつもポケットにショパン』や『おしゃべり階段』などが一般的だが、個人的には、この作品が最高傑作と思っている。全編主人公 雑賀の立場から語りかけるナレーション、ゆったりと流れる展開、物語全体をつつみこむ雰囲気。そのどれをとっても思わず引きずりこまれてしまう。乙女チック少女コミックの典型的なパターンとは趣を異にしながらも最後には不思議な感覚で読者を魅了する珠玉の作品。



くにたち物語/おおの藻梨似 講談社 12巻続 ★★★★★
元気でおてんばなモコちゃんは人一倍負けん気も強い。妹がよっちゃんにいじめられた時には一目散で仕返しに行く始末。隣に引っ越してきた譲くん(愛称はポチ)と仲良しになり、何から何まで譲くんの真似をしないと気がすまないモコちゃん。ある日、カギッ子の譲くんの真似をしたいモコちゃんは留守番を頼まれて、念願の鍵を渡されるが、大喜びするのもつかの間、始めての一人ぼっちで心さびしくなる。

のっけから大いに笑わせてくれる。とにかくモコちゃんの愛嬌には参りました。だけどこの作品のいいところは、小中学時代の淡い初恋や体育祭、バレンタインデーといった思春期の頃のちょっぴりセンチで宝石のような思い出をいっぱい凝縮した宝石箱のような作品だという事です。惜しむらくはこの作品が完結していない事だろうか(なんでも作者自身がすでに編集部から見放されているとか)。なんとも実に惜しい作品である。



So What?/わかつきめぐみ 白泉社 全6巻 ★★★★☆
祖父危篤の知らせにあわてて家に帰る阿梨。家の玄関を開けた途端、突然異次元の世界へまっさかさま。そこには他界してユウレイになったじっちゃんと異生物のライムがいた。科学者のじっちゃんが研究中にタイムマシンが誤動作して異次元とのあいだに穴が開いたのだという。だけど次々と不思議な動物が現れては消えて行く様を見て哀しむライム。ライムを元の世界に戻そうとする二人に、新たな同居人の二人(教授の教え子の海堂羽隆と阿梨の幼馴染の桃太郎)が加わり奇妙な同居生活が始まる。

ちょっぴりメルヘンチックでところどころに散りばめられた小粋なギャグ。柔らかい線のタッチで描かれた作品は、まさしく『わかつきめぐみの世界』ここにありという感じ。なんだかほのぼのとした雰囲気にさせられる珠玉の一品です。別の作者による同名タイトルの作品があるので購入時には注意されたい。



アーシアン/高河ゆん 新書館 5巻続 ★★★★☆
大天使ミカエルは、地球人(アーシアン)に1万項目のマイナスがチェックされた暁にはアーシアンを滅ぼすと明言した。突然変異で髪の毛も羽も黒い天使の『ちはや』は、アーシアンが生き残れるようにと、1万個のプラスをチェックする為に、調査員に立候補した。彼女はマイナスの調査員、影艶とコンビを組んで地上に降り、アーシアンの調査を開始した。しかし、ちはやは自分の不注意で天使の羽をアーシアンに見られてしまう。地上では、4人目に見せると天子を降格になってしまう。

期待の大型新人高河ゆんが贈る初のコミックス。ちはやと影艶のエンジェルコンビが巻き起こす華やかなファンタスティックストーリーに、絵柄も展開もすべてが新感覚に満ち溢れた少女漫画の新風が吹きこむ。しかし、この高河ゆんという人、未完の女王って呼ばれているんだよね。例によってこの作品も未完です。



白鳥麗子でございます!/鈴木由美子 講談社 全7巻+新5巻続 ★★★★☆
白鳥麗子はとっても美人でけなげなお嬢様。なのに、プライドが高くいつも思っている事とは裏腹な行動をとってしまう。高校時代、大好きだった哲也に告白された時も思わずお高くとまってしまった。そんな麗子サン、哲也を思う一心で、彼と同じ大学へ行き、彼のアパートの向かいのマンションに引っ越してきた。だけど哲也の愛を素直に受け入れようと思っていても、いざとなるとお嬢様のプライドが邪魔して思うようにいかない。おまけに勘違いの連続で果たしてお嬢様の愛は実るのか。

『私を誰だと思うの。あの白鳥麗子よ。オホホホ』というフレーズでドラマでも一躍人気になったラブコメディー。まあ、読んでいるとほんとは面白いのに笑うに笑えない物悲しさがこみ上げてくる。そのじれったさがある意味当時のトレンディードラマの素材そのものという感じがする。それにしてもこの作者の作品タイトルはどれも奇抜で面白い。



笑う大天使(ミカエル)/川原泉 白泉社 全3巻 ★★★★☆
関東の名門女子校聖ミカエル学園は当代随一のお嬢様学校。そこに学ぶ司城史緒・斉木和音・更科柚子は、実は大っきな猫っかぶり。ある日、3人は偶然お互いの猫っかぶりを知って大の仲良しに。以来、学園生活のお嬢様猫かぶりに更なる磨きをかけて友情の日々を送っていた。そんなある日、化学実験室の後片付けの際に悪戯した薬品の調合がもとで、3人はなんと力持ちエスパーに変貌。折りしも、世間ではお嬢様学校の生徒の誘拐事件が多発していた。

川原泉のギャグセンスがキラリと光る学園コメディー。「ポーの一族」「ベルサイユのバラ」果ては「源氏物語」といった名作や聖書の一節を話中にふんだんに盛り込み、それを見事に川原マジックの冴え渡るギャグで昇華している。しかもシリアスタッチとギャグタッチの切り替わりが実に見事。第3巻は3人3様のエピソードを紹介した短編集となっている。卒業を控えた少女にはお薦めの一作です。



海の闇、月の影/篠原千絵 小学館 全18巻 ★★★★☆
仲のよい双子の姉妹、流水(るみ)と流風(るか)は、ある日、学校の仲間といったハイキングで遭難しかかった。洞窟に隠されたお墓で嗅いだ異臭により仲間はみんな原因不明の心臓発作で死亡し、幸いにも二人の姉妹は一命を取り止めた。しかし、その日を境に、流水の行動が怪しくなる。満月の日になると流水の心は悪魔と化し、体は物体をすり抜け空中に浮かぶようになってしまう。そして陸上部の先輩当麻克之から愛の告白を受けていた流風を襲うようになる。

篠原千絵が贈る学園ホラー・サイコ・サスペンス・ミステリー(^^)の決定版。とにかくちょっとこあ〜い作品です。そんなこあ〜いスリルの連続の中、最後には感動の結末が待っている。とにかく泣けます。でも次から次へと登場人物が死んでいくのはご愛嬌だと思ってください。



動物のお医者さん/佐々木倫子 白泉社 全12巻 ★★★★☆
獣医学の医師でアフリカンマニアの漆原教授との変な出会いからシベリアンハスキーの子犬(チョビ)を飼う羽目になった西根公輝。だがその運命的な出会いから動物のお医者さんになる事を運命づけられる。教授のいる大学に合格し、これまた運命づけられたかのように獣医学科に進む公輝。ネズミが大嫌いな同級生の二階堂、いつもとろんとおっとりした美人院生の菱沼聖子に、変わり者の教授を交え、獣医学病院を舞台に様々な動物たちとの面白おかしなドラマが展開されていく。

他力本願、提供ネタ使いで有名(笑)な佐々木倫子が描くヒューマン&アニマルドラマ。念入りに取材した資料をもとに実に丁寧に描かれた内容、随所で見られるコミカルタッチの吹出し、そして人物の表情。この作品が最近の若い学生たちのあいだでベスト10に挙げられているのも充分に納得ができる。



悪(わる)女/深見じゅん 講談社 全37巻 ★★★★★
父の知人のコネで一流商社の近江物産に入社したまりりんこと田中麻理鈴は、グズで落ちこぼれの新入社員。ある日会社のロビーで出くわした男性(T.O)に一目ボレ。そんな折、配属先(資材管理室)の先輩峰岸さんに見初められ出世の為の情操教育が始まる。先ずは掃除のオバさんの名前と特徴の覚え込み。ついで社史150年史の暗記。ところがこれがひょんな事から重要な商談を成功させ、その事がきっかけで秘書課への異例の抜擢となる。

以前TVドラマとしても放送されたので覚えている人も多いと思う。内容的には出世物語の女性版という感じだが、これが結構面白い。ストーリー展開はテンポもよく、まりりんのくったくない表情と仕草でも+ポイント充分。ただ、長い作品の割に結末のハッピーエンドへの進行がちょっと単調すぎたきらいがあるが、それでも充分堪能できる作品である。



きんぎょ注意報!/猫部ねこ 講談社 全4巻 ★★★★☆
わぴこたちの田舎ノ中学は、もうすぐ廃校になってしまう。そんなとき、藤ノ宮千歳という女の子が転校してきた。彼女は父が死んで会社も倒産しビンボーになって、都会ノ学園からわぴこたちの田舎ノ中学へやってきた。だが、わぴこたちの大活躍で見つけた父の形見の鍵で貸し金庫を開けてあ〜らびっくり。父の遺産がなんと数百億円。大金を手にした千歳は、その財産で田舎ノ中学を新しく建て直し、そこの理事長となった。そして、千歳は都会ノ学園にライバル心を燃やすのだが....

わぴこちゃんが中々愛くるしくてかわいくて、ちょっぴりおとぼけなんだけど、そこがまた実にほのぼのとして楽しい漫画です。タイトルの金魚は、千歳が連れてきた父の形見で世界に一匹しかいないという珍種の金魚。その珍種のきんぎょを中心にわぴこや同級生の葵、秀たちと千歳とのドタバタギャグコメディーが展開する。